お悩み用につけるウィッグって医療用の何十万円もするようなウィッグというイメージを持っていませんか?
そして若い方がつけるファッションウィッグはテカテカでいかにもウィッグ着けてます!って感じの物しかないようなイメージを持っていませんか。
実はおしゃれ用のファッションウィッグの中にも、ものすごく自然で、自毛のようなウィッグや医療用を視野に入れた商品が最近数多く出回っています。
ぶっちゃけて言うと、50万円もする医療用の人毛ウィッグは本当に自然でカツラ感がないものが多いです。でも中にはそうでないものもあります。メーカーにもよるということですね。そしていくら高額といえどもウィッグは所詮消耗品ということ。劣化したり傷んできたら定期的に新しく買い換える必要があります。私がネックになった一番のことです。アパレルショップの店長をしていた私も、ストレスが原因で薄毛になってしまったのですが、もともと職種が職種だけにオシャレ用でよくウィッグをしていましたからちょっとはウィッグのことを知っていました。
これから先、何十万円も定期的にかかるのはちょっと…と思っていた矢先に、ファッションウィッグでも医療用のウィッグと遜色ないものが発売されたんです。価格はなんと7480円でした。
高額な医療用ウィッグと比較すると、自然さではさすがに劣る部分があります。でも、それもほんのちょっとしたアレンジで見違えるように自然になるんです。例えばつむじ。人口皮膚付きのつむじでも一直線のラインであったり人工皮膚の色が不自然であったりするものがあります。そんな時にはコームでジグザクにしたり、ラインをカーブさせたり、またツムジの根元にファンデーションを塗ったり。そんな程度で見違えるように自然になります。何といっても値段がお手頃なので色々なタイプのウィッグが揃えられてお洒落が楽しめるようになります。
経済的負担もそれほどでもないと思いますので、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

リネアストリアさん

ファッションウィッグ初!100%ハンドメイドウィッグ!「天使のウィッグ」シリーズ

ファッションウィッグもとうとうここまで来たかという感じです^^。リネアストリアから販売されているこのシリーズは、まさに医療用のファッションウィッグとして発売されたものです。
ウィッグだとバレる原因は毛質と毛量、そしてつむじです。そしてファッションウィッグの弱点もこれなんですね。
天使のウィッグは一つ一つプロの職人さんが手植えしているオールハンドメイド品になっています。そのため、植えられ方も不規則でふんわりした仕上がりになり、つむじも自然そのもの。毛質も新ファイバーになり、化学繊維っぽいテカテカがなくなったのでウィッグっぽさがありません。それにも増して私が感激したのは付け心地です。裏側のスキン素材が柔らかく、ウィッグが軽いので楽だしウィッグ特有のもっさりした感じがないんです。天使シリーズはウィッグの種類が豊富なことも魅力ですね。価格帯は7480円から59800円まで。価格帯が広いから予算に応じて選べるので、まずはリネアストリアからチェックしてみることをおすすめします。

 

プリシラさん

ファッションウィッグNo.1といえばプリシラウィッグでしょう。激安ウィッグが流行る中、一貫して高品質を通してきました。そのため根強いファンも多くプリシラしか使わない人もいるくらいです。
プリシラウィッグでおすすめなのは新ファイバーのオールウィッグ(フルウィッグ)です。プリシラの公式ページを見ればわかるのですが、「新ファイバー」、「伸縮キャップ」と印がしてあるのがそうです。
画像
新しい毛髪素材になってからより毛質が自然になったので、選ぶのならこれらからにしたほうがいいでしょうね。またプリシラではミセスウィッグの種類も多く、こっちはデザインが落ち着いているので意外に若い世代でも使えるんですよ。

 

アクアドールさん

アクアドールもリネアストリアと並んで人気のファッションウィッグサイトです。こちらも医療用のプレミアムウィッグ、「VENUSウィッグ」を販売しています。ウィッグも100%総手植えで日本製の最高級ファイバーを使用しています。VENUS(ヴィーナス)ウィッグの特筆すべき点はつむじが自然なところです。裏側のスキンが大きいので、分け目を横へ自由に変えられます。価格がちょっと高めですが予算内であればぜひ候補の一つにしてみてはいかがでしょう。